MENU
索引

VPN【Virtual Private Network】

VPN(Virtual Private Network)
目次

VPN【Virtual Private Network】の意味

VPN【Virtual Private Network】とは、

インターネット上で、高度な暗号化や認証技術によって特別に保護された仮想ネットワーク回線

のことです。

フリーWi-Fiなどの公衆のインターネットを利用する場合、個人情報を盗み見されたりデータが改ざんされたりなどのセキュリティリスクがあります。

そこで、インターネット上に仮想的な専用線を設定するVPNを利用することで、セキュリティリスクを減らすことが可能になります。

VPNを利用すれば、物理的に離れている拠点のネットワークを、あたかも自分の拠点と同一のネットワークかのような利便性と安全性でインターネットを使用できます。

テレワークなどが推奨されている近年、VPNを導入する企業は増えています。VPNであれば、PCだけでなくモバイル端末からも保護された安全な回線にアクセスすることができます。離れた場所からでもセキュアでスピーディーな通信環境を利用できるため、様々な働き方に対応できます。

VPNに関する用語

インターネットVPN

インターネットVPNは、既存のインターネット回線を活用したVPN接続のことです。インターネットに接続できれば利用できるため、少ないコストで回線を構築できるのが特徴です。ただ通信速度や通信品質は、既存の利用しているインターネット環境に左右されます。

エントリーVPN

エントリーVPNは、インターネットを利用せず、安価な光ブロードバンド回線と閉域網を使って、ネットワークを構築します。特定の人しか利用できないため、セキュリティを担保しつつ、低コストで導入することができます。

IP-VPN

IP-VPNとは、大手通信事業者が用意した閉域網を利用したネットワークです。
通信事業者と契約者のみが利用できる閉ざされたネットワークであるため、暗号化することなくセキュアな通信が可能になります。

広域イーサネット

広域イーサネットは、ネットワーク構築における自由度が高いのが特長です。
そのため、企業のITシステム担当が自社に適したネットワークシステムに変えることも可能です。

VPS【virtual private server】

よくVPSとVPNは間違われることが多い言葉ですが、ともに”仮想で専用のもの”という意味までは合っていますが、サーバーとネットワークなので全く違うものになります。

トンネリング

データの送信者と受信者の間に仮想のトンネルを設けて通信を行う方法です。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる