MENU
索引

ハイコンテクスト【high context】

ハイコンテクスト【high context】
目次

ハイコンテクスト【high context】の意味

ハイコンテクスト【high context】とは、

コミュニケーションにおいて、お互いの背景や文脈(文化や言語、価値観、考え方など)が非常に近い状態

のことです。

民族性、経済力、文化、価値観などの背景が近い人が集まっていて、コミュニケーションととる際にお互いに相手の意図を察し合えることで、いわゆる「以心伝心」でなんとなく通じてしまう環境や状況のこと。

特に日本の文化は、「空気を読む」などのように文脈理解が重視されるハイコンテクストな文化とされ、伝える努力やスキルがなくても、お互いに相手の意図を察し合うことで、なんとなく通じてしまう環境にあります。

「はじめて会ったのに、はじめてな感じがしない」や「だいたい雰囲気でわかるよね」でだいたい察してわかってしまう、などの感覚的な理解のこの状態もハイコンテクスト文化な日本だからこそ生まれることですね。

「ツーカー」「阿吽の呼吸」などの言葉もハイコンテクストをある意味表現した言葉です。

ハイコンテクストに関する用語

コンテクスト

コミュニケーションの基盤となる「言語や共通の知識、体験、価値観、感覚」などのことです。

ローコンテクスト

ハイコンテクストに対して、より言語に依存したコミュニケーション文化のことを「ローコンテクスト」といいます。「ハイ」と「ロー」という表現を用いてますが、どちらか一方が優れている、劣っているということを表すものではありません。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる