MENU
索引

ユーザビリティ【usability】

ユーザビリティ【usability】
目次

ユーザビリティ【usability】の意味

ユーザビリティ【usability】とは、

使いやすさ、使い勝手

という意味で、一般的にはWebサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさのことを指します。

ユーザビリティは英語の「use」と「ability」(○○することができること)を合わせた造語で、「使いやすさ」「使い勝手」などと訳されることが多いです。

多くの考え方や定義が存在するユーザビリティですが、一般的にはISO 9241-11での定義が広く認識されています。

ISOの定義によると、ユーザビリティは「ある製品を、特定のユーザーが、特定の目的を達成しようとするにあたって、特定の状況で、いかに効果的に、効率的に、満足できるように使えるかの度合い」とされています。

一般的な「使いやすさ」のことではないので注意が必要です。

ユーザビリティは、単なる「使いやすさ」を目指すものではなく、目的や状況、ユーザーによって最適化する必要があるものです。

ユーザビリティの第一人者であるヤコブ・ニールセン博士によると、ユーザビリティの大きな要素が5つあるとしています。

  • 学習しやすさ
  • 効率性
  • 記憶しやすさ
  • エラー発生率
  • 主観的満足度

ISO 9241-11の定義とは異なり、ヤコブ・ニールセン博士はユーザビリティを評価の観点から定義しています。

ユーザビリティはそのサイトにおける「ターゲットユーザー」がある状況や目的において使いやすいかを指し、結果的にそのユーザーにまた使いたいと思わせ、リピーターになってもらうのがユーザビリティの目的です。

ユーザビリティの使用例

・このアプリはユーザビリティが高いから、スマホが苦手な世代でも簡単に使えそうだ

・このユーザビリティの低さだと売上が上がらないだろう

・ユーザビリティを改善する

・ユーザビリティを考えながらサイトのデザインを行う

ユーザビリティに関する用語

アクセシビリティ

アクセシビリティとは誰でも必要とする情報に簡単に辿り着けて、利用できることを指します。ユーザビリティが特定のターゲットユーザーにとっての使いやすさを考えるのに対して、アクセシビリティは高齢者やハンディキャップを持つ人など、より多くの人にとっての使いやすさを考えたものです。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる