MENU
索引

TL;DR (TLDR)【Too Long, Didn’t Read】

TL;DR (TLDR)【Too Long, Didn’t Read】
目次

TL;DR (TLDR)【Too Long, Didn’t Read】の意味

TL;DR (TLDR)とは、

(文章が)長すぎて読んでいない

という意味の言葉です。読み方は「ティーエルディーアール」です。

「Too Long, Didn’t Read」の英語の略で、ソーシャルメディアやネット掲示板などインターネット上で使われるスラングです。

「;」は接続詞省略で「だから」の意味を表すもので、直訳をつなげると下記のような意味になり、英語の頭文字で略して「TL;DR」となり、これが語源となっています。

<Too Long>長すぎ!
<;>だから
<Didn’t Read>読まなかった

「tl;dr」「tldr」などの小文字表記もよく見かける表現です。

必要以上に長い文章の投稿記事に対して、長文がウザい、文章が長いよ、長いから読まなかったよと文句を言う場面で使われたり、煽りや小馬鹿にした意味合いのニュアンスで使われることが多いので、発言の場所やシーン、タイミングなどは注意が必要な言葉です。

またSNSや掲示板などでその長い文章を書いた本人が自虐的な意味合い、「長くなっちゃった」「長いから読めないよね」などの意味で使う場合もあります。

エンジニアやマーケター界隈では、「(文章が長すぎて読めない、嫌う人のための)要約すると…」の意味でも用いられ、文章が長すぎるときに文章を書いた本人が「TL:DR version…」などと「要約して短くしたものはこれだよ!要約したものを書いておくね」という場面でつかわれたりもします。

TL;DRの使用例

A:「昨日送ったメール見てくれた?」
B:「いやあれTLDRだから。笑(文章長すぎ)」

A:「さっき感想まとめたものをテキストで送ったんだけど、見てくれた?」
B:「TLDR!!(長すぎ!短いの頂戴!)」

TL;DRに関する用語

TL;DW

TL;DRから派生して「TL;DW」「tl;dw」(too long; didn’t watch )という言葉も生まれ、「長すぎるから見なかった」という意味で使われています。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる