MENU
索引

ラップアップ【wrap up】

ラップアップ【wrap up】
目次

ラップアップ【wrap up】の意味

ラップアップ【wrap up】とは、

会議や商談で今まで話したことをまとめ、会議を終わらせること

を意味します。英語のwrap upにから来ているカタカナ語で、wrap upには、「終わりにする」「完成させる」「まとめる」などとといった意味があり、そこから来ています。

会議や商談が終わりに近づき、そろそろ議題が尽きたかなというタイミングで、そろそろ「ラップアップしますか」などと切り出し、今日話した内容を一通りサマリーし、まとめ、会議を終わらせるという流れでラックアップを使います。

ビジネスシーンにおいて「ラップアップミーティングをしよう」などと言われる場合もあるかもしれませんが、その場合の意味は、最終確認会議や総括討議のことを意味しており、会議中に使われる意味とは異なりますので注意が必要です。

ラックアップに関する用語

スタートアップ

「始める」「起こす」「立ち上げる」という意味の言葉でラックアップの反対語にあたる言葉です。

キックオフ

キックオフはプロジェクトを開始することを意味する言葉です。そのため、終わらせるという意味を持つラックアップとは反対の意味になります。また、プロジェクトの最初の会議や会合は「キックオフミーティング」と呼ばれます。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる