MENU
索引

RPA【Robotic Process Automation】

RPA(Robotic Process Automation)
目次

RPA【Robotic Process Automation】の意味

RPA【Robotic Process Automation】とは、

コピー&ペーストや簡単な編集、ルーティン作業などの定型業務を自動化し、業務全体の業務効率を上げる技術

のことです。

主に定型的なオフィス業務や処理業務をロボット(ツール)に代行させることで、人間よりが行うのに比べて処理能力をあげることができるため、近年導入する企業が増えています。

市場調査会社「MM総研」が2020年1月に実施した調査によれば、国内企業のRPA導入率は大企業・中小企業を併せて38%に上るとされており、大企業を中心に導入が進んでいます。

RPAに関する用語

AI【Artificial Intelligence】

よくRPAと混同されがちですが、AIは人工知能という意味の言葉で、その名前のとおり学習を深めることでAI自身で分析や判断ができるようになるのが特徴です。決められた処理をおこなうだけのRPAとは異なります。

デジタルレイバー

RPAのツールを用いて、テクノロジーが人間に代わる業務の担い手となる考え方のことをデジタルレイバーと呼びます。

デジタルワークフォース

海外ではRPAのことをデジタルワークフォースと呼ぶ場合があります。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる