MENU
索引

テレワーク【telework】

テレワーク(telework)
目次

テレワーク【telework】の意味

テレワーク【telework】とは、

インターネットを活用し、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く労働形態

のことです。

tele(離れた場所)とwork(仕事)を組み合わせた造語で、在宅勤務、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスなどとも言われます。

近年、子育てや介護などとの両立のために通勤が難しい社員が増えていることや、交通費・通勤時間による無駄の見直し、労働人口の減少によって採用の窓口を拡げざるを得ない状況など、さまざまな社会的要因により、この労働形態を導入する企業が増えています。

20年はコロナ禍を背景に、テレワークでの労働が推奨されており、今後益々テレワークを導入する企業が増えていくことでしょう。

テレワークの働き方には、主に3形態があります。

在宅勤務

自宅にいながらパソコンやスマートフォンを使い業務を行う「在宅勤務」があります。在宅勤務はさらに分けると業務全てを在宅で行う「終日在宅勤務」と業務の一部を自宅で行う「部分在宅勤務」の2種類に分けられます。

モバイルワーク

「モバイルワーク」は、顧客先や移動中などにインターネットを駆使して業務をおこなうことです。カフェや交通機関での移動中に仕事をしたり、出張先や取引先のオフィスなど、いつでもどこでも仕事ができるのがモバイルワークの特徴です。

サテライトオフィス

「サテライトオフィス」とは、企業の本社から離れたところにある小規模のオフィスのことです。サテライトという言葉には「衛星」という意味があり、本体と離れて存在しているものと考えるとわかりやすいですね。自社企業が占有するオフィスや、他社で共有するオフィスなどの種類があります。

テレワークに関する用語

リモートワーク【remotework】

「リモートワーク」は英語で「remotework」と表記され、「remote=遠隔・遠い」、「work=働く」が組み合わさった造語です。「遠くで働く」という意味から、言葉の意味は「テレワーク」とほとんど同じように使われます。

テレカン【テレカンファレンス(teleconference)】

「テレカン」とは、テレカンファレンス(teleconference)やテレフォンカンファレンス(telephone conference)の略で、遠隔会議や電話会議のことです。

遠隔での会議を示す言葉なので、テレワークとは若干意味合いが異なってきます。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる