MENU
索引

アジェンダ【agenda】

アジェンダ【agenda】
目次

アジェンダ【agenda】の意味

アジェンダ【agenda】とは、

目次、提案内容

の意味を表す言葉です。

もともと英語のアジェンダの意味は、「実施すべき計画」「行動計画」「議事日程」「議題」などの意味で使われる言葉で、そこから派生して、ビジネスシーンにおいて使われるようになりました。

ビジネスシーンでは、目次や提案内容を表したものという意味で使われ、会議の中で話したいこと、決めたい項目を箇条書きなどで表現したもののことを言います。

アジェンダを作るメリットとしは、検討すべき内容や決めるべき内容を事前に示しておくことで、論点を明確にし、参加者の目線やゴールがあった状態で会議をスタートできることにあります。

事前に論点がしっかりとまとまったアジェンダが用意されていれば、効率よく議題を進めることができ、無駄な雑談などに時間をさかれることも少なくなったり、論点がズレて違う話題を話していることも少なくすることができるでしょう。

アジェンダに関する用語

レジュメ【resume】

アジェンダと同じような要約や目次的な意味でレジュメが使われます。レジュメは、講演会やセミナーなど講師が話す場面において要約された資料を意味する言葉なので、同じような意味でも使う場面が異なりますので、うまく使い分けましょう。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる