MENU
索引

リスケ(リスケジュール)【reschedule】

リスケ(リスケジュール)【reschedule】
目次

リスケ(リスケジュール)【reschedule】の意味

リスケ(リスケジュール)【reschedule】とは、

スケジュールを変更する、計画を組み直す

という意味で、日時や計画を変更するときに予定を再調整するという意味で使われます。

リスケは英語のリスケジュール(reschedule)の略語です。ビジネスシーンで頻繁に使われているリスケですが、あくまでも略語なので、社内で同僚や部下に対しての使用が望ましいといえるでしょう。

社内の風潮や雰囲気にもよりますが、上司や目上の人でも普段からフランクで話せる間柄であれば、リスケを使用してもとくに問題はありません。

リスケはやむを得ず予定や計画を変更しなければならないときに、スケジュールを見直すという意味で使われます。

たとえば訪問日程の変更や、受発注のキャンセル、デザインの仕様変更などの場面で使われます。キャンセルとは異なるので正しく使い分けましょう。ちなみに金融業界でのリスケは、返済計画の変更を意味します。

リスケの使用例

・台風が接近しているのでクライアントへの訪問日をリスケする

・急な出張が入ってしまったので明日のミーティングをリスケして欲しい

・納品日をリスケできないか先方に確認します

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる