MENU
索引

ニッチ【niche】

ニッチ【niche】
目次

ニッチ【niche】の意味

ニッチ【niche】とは、

隙間

という意味です。

ニッチ市場というと特定のニーズを持つ規模の小さいマーケットのことを意味します。

ニッチとは、もともと西洋建築の用語で、「壁面の一部をくぼませてつくる飾り棚」や「壁の凹み」のことを呼んでいました。そこからビジネスシーンでも使われるようになりました。

大企業がターゲットとしない市場、可能性はあるものの、まだビジネスとして成熟していない市場で、こういった市場をターゲットとするビジネスは「隙間産業」「ニッチビジネス」などと呼ばれます。

またニッチは、様々な言葉と結びついて使われます。

ニッチ市場に焦点を絞った戦略のことを「ニッチ戦略」、マーケティングのことを「ニッチマーケティング」と呼びます。

ニッチ戦略によって提供された商品やサービスのことを「ニッチ商品」「ニッチサービス」と呼び、その商品やサービスを提供するビジネスのことを「ニッチビジネス」「ニッチ産業」などと表現します。

ニッチと聞くと、「小さい」「未熟」「マニアック」などの意味で捉えられる人もいますが、多くは「特定のニーズを持つ規模の小さいマーケット」を意味する言葉として使っていることでしょう。

ニッチの使用例

・あの市場はニッチだけど、可能性はある

ニッチに関する用語

ニッチャー、ニッチプレーヤー

ニッチ戦略によって、市場での優位性を確保しようとする企業のことを「ニッチャー」と呼んでいます。「ニッチプレーヤー」と言う場合もあります。

マス市場、メジャー市場

逆に大手企業が狙うような成熟された大きな市場のことをマス市場、メジャー市場などと呼びます。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる