MENU
索引

インサイドセールス【inside sales】

インサイドセールス【inside sales】
目次

インサイドセールス【inside sales】の意味

インサイドセールス【inside sales】とは、

お客様先に訪問せず、電話やメールなどで営業する手法の総称

のことで、日本語でいうと「内勤営業」です。

お客様先に訪問する外勤営業(フィールドセールス)とは異なり、電話やメール、Web会議などを用いた内勤の営業スタイルです。

インサイドセールスはアメリカで生まれた営業スタイルです。国土の広いアメリカでは、お客様を直接訪問することが難しく、膨大な時間とコストがかかるため、効率的な営業活動の手段としてインサイドセールスが考えられました。

最近では、時間や場所に縛られることなく営業活動ができるため、働き方改革の一環として導入する企業が増えています。営業コストの削減も期待でき、実用性が高い営業手法として関心を集めています。

短期間で売上を上げる活動が得意なインサイドセールスと、顧客との長期的な関係育成が得意なフィールドセールスを組み合わせることで、より効率的に成果を出すことができます。

インサイドセールスの使用例

・インサイドセールス部隊を導入する

・インサイドセールスの主な役割はナーチャリング(見込み客の育成)である

・インサイドセールスとフィールドセールスで分業する

インサイドセールスに関する用語

フィールドセールス

お客様先を訪問する従来型の営業スタイル。直接の対話を通じて製品やサービスを提案し、商談を進めて受注へとつなげる営業手法を指します。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる