MENU
索引

エビデンス【evidence】

エビデンス(evidence)
目次

エビデンス【evidence】 の意味

エビデンス【evidence】とは、

根拠、証拠、裏付け

という意味です。英語のevidenceが語源になっています。

ビジネスシーンで何かを裏付けるための具体的な情報や資料、根拠などを指すことが多い言葉です。

医療の分野ではその治療法が良いといえる証拠のことをエビデンスと言います。また最近では政治の世界でもエビデンスは頻繁に使われるようになってきており、政策の立案・評価のための(科学的)根拠を指す言葉として使われることが多いようです。

エビデンスの使用例

・この内容についてのエビデンスはありますか?

・まずはエビデンスをとりましょう

エビデンスに関する用語

ファクト【fact】

エビデンスと似た言葉に「ファクト」がありますが、ファクトは「事実」という意味で、主張や仮説を立証するための材料というニュアンスがあるエビデンスとは異なる意味合いで使われます。

ソース【source】

ソースは出典、起源という意味の言葉で、日本語では主に情報源という意味で使われることが多いので、エビデンスとは少しニュアンスが異なるのですが、最近では両方同じような意味や場面で使われるので使い分けが難しくなってきています。

プルーフ【proof】

証拠、証明、という意味の言葉で非常にエビデンスに違い言葉となっています。ビジネスにおいてはプルーフよりもエビデンスの方が使われやすい傾向にあります。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる