MENU
索引

デファクトスタンダード【de facto standard】

デファクトスタンダード【de facto standard】
目次

デファクトスタンダード【de facto standard】の意味

デファクトスタンダード【de facto standard】とは、

事実上の標準

という意味です。

公的な機関や国際的な機関などで正式な標準としては認定されていないが、使いやすさが評価されたり市場競争に勝利した結果、より市場で評価されて標準とみなされるようになったことをデファクトスタンダードと呼びます。

デファクトスタンダードの例

パソコンのOSとして定着した「Windows OS」はデファクトスタンダードの代表格として知られています。またOSだけでなく、ビジネスシーンに欠かせない文書作成の「Word」や表計算の「Excel」も有名な例です。

他には、DVDやブルーレイ、USB端子などもデファクトスタンダードのいい例です。

デファクトスタンダードに関する用語

デジュアスタンダード【de jure standard】

デファクトスタンダードに対し、ISOやJISなどの国際機関や標準化団体によって定められた公的な標準を、デジュアスタンダードと呼びます。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる