MENU
索引

キャパ(キャパシティ)【capacity】

キャパシティ(capacity)
目次

キャパ(キャパシティ)【capacity】の意味

キャパ(キャパシティ)【capacity】とは、

容量、収容能力、物事を受け入れる能力、うつわ

などの意味で使われる言葉です。

英語のキャパシティが語源で、ビジネスシーンにおいてキャパと略して使われることが多いです。

入る容量、受け入れることのできる数や量を表現するときに使われ、少なく余裕があるときには「キャパに余裕がある」、逆に量が多すぎて溢れそうなときには「キャパオーバー」などといった形で使われます。

使われる場面としては、業務量を示したり、会場や席数などの数を表現するときなどに使われます。

キャパ(キャパシティ)の使用例

・もう業務がパンパンでキャパオーバーです…

・まだ会場のキャパに余裕があります!

・工場の生産ラインにまだ若干のキャパがあります

・あの会場は、キャパ何人ですか?

・これだけキャパをみとけば大丈夫でしょ

キャパ(キャパシティ)に関する用語

キャパオーバー

キャパ(容量や収容容量)を超えてしまうこと、超えてしまいそうなときのことをキャパオーバーといいます。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる