MENU
索引

バッファ【buffer】

バッファ【buffer】
目次

バッファ【buffer】の意味

バッファ【buffer】とは、

余裕、ゆとり

のことで、バッファがあるというと仕事に余裕がある、ゆとりがあるという意味になります。

語源は英語の「buffer」からきていて、バッファ、もしくはバッファーと呼ばれます。もともとは「緩和材(かんしょうざい)」や衝撃を緩やかにする「緩衝器」や「緩衝装置」を指す言葉です。IT業界では、コンピューターでデータを受け渡しする場合の一時的な記憶場所・保存領域のことをバッファと呼んでいました。

こういった内容から緩衝材を入れておくスペースや一時的な保存領域は、バッファ=まだ余裕がある、容量がある、最悪使えるスペースといったような意味で捉えられ、ビジネスシーンで使われるようになっています。

バッファの使用例

・「◯◯くん!まだバッファある?」
 「はい!まだ少しバッファがあります」
 「じゃあこの仕事頼めるかな」

・予定にバッファを取った?バッファみとけよ

・ちょっとバッファが足りないかも

・もうバッファがなくて、パツパツです

・予算はバッファを含めた金額にしてあります

バッファに関する用語

リスクヘッジ

「リスク」には危険、ヘッジには「回避」という意味があり、リスクヘッジは危険を回避するという意味で使われます。余裕をもたせておくバッファと似ていますが、ニュアンスが大きく異なります。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる