MENU
索引

ベンチマーク【benchmark】

ベンチマーク【benchmark】
目次

ベンチマーク【benchmark】の意味

ベンチマーク【benchmark】とは様々な場面で使われる言葉ですが、経営やマーケティング領域では、

他社の戦略や指標を徹底マークし、優れた手法を自社に取り入れること

というような意味で使われます。また

競合視していること

などの意味で使われることもあります。

もともとは測量などでよく使われる言葉で、建築物などの高さや位置、相対的高低差を定める測量をする際の、水準点を指す用語でした。

そこからビジネス領域でも使われるようになり、金融、資産運用や株式投資における指標銘柄などを比較するために用いる指標を意味する言葉としてや、IT業界では、コンピューターのハードウェアおよびソフトウェアの処理性能を定量的に評価するための基準となるテストのことを指す言葉としても使われています。

経営やマーケティングの領域では、他社の優れた戦略や目指している指標をベンチマーク (ベンチマーキング) するというような使い方をします。競合他社を徹底マークし、分析し、その競合他社との比較から現在の状況を改善する活動自体をベンチマークと呼び、またその競合他社のことをベンチマーク企業と呼びます。

ベンチーマークの使用例

・A社の戦略をベンチマークしろ!

・うちがベンチーマークしているのはB社とC社です。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる