MENU
索引

アサイン【assign】

アサイン【assign】
目次

アサイン【assign】の意味

アサイン【assign】とは、

任命する、割り当てる、あてがう、付与する

という意味で、ビジネス一般的な場面では「役職を任命するとき」「仕事を割り当てるとき」「プロジェクトに加えるとき」などのタイミングで使われることが多く、具体的には「彼をプロジェクトに新しくアサインする」などと使われます。

最近では、「3人をこのプロジェクトにアサインしよう」など複数の人をまとめて割り当てるときにも使われています。

アサインはIT用語としても使われ、特定のキー入力をアプリケーションやプログラムの機能に割り当てることを「キーアサイン」と呼んだり、周辺機器がコンピュータに接続されている場合に、「周辺機器がコンピュータにアサインされた状態」などと使うこともあります。

アサインの使用例

・彼をこのプロジェクトにアサインした

・3人をこの予定にアサインしておいてくれ

・夜景のきれいな部屋をアサインする

・新幹線の座席は窓側をアサインしておいてね

アサインに関係する用語

ジョイン

アサインされた側が新しくチームに合流した際の自己紹介などで使うのがジョインです。チームや会社、組織などに参加することを意味する言葉です。

反対語:リリース【release】

アサインの反対語として使われるリリース。「私は来月にプロジェクトからリリースします」と言えば、プロジェクトから離れることを意味します。クビになったことをぼかす(かっこつけた)表現としても使われることがあります。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる