MENU
索引

アライアンス【alliance】

アライアンス(alliance)
目次

アライアンス【alliance】の意味

アライアンス【alliance】とは、

同盟、連合、提携

という意味です。

ビジネスシーンで使われるアライアンスとは、複数の企業がそれぞれ経済的なメリットを得るために企業間で提携することを意味します。

互いの企業が持つノウハウやスキルなどの経営資産を活用していくことによる相乗効果を期待してアライアンスが結ばれるケースが多いです。

アライアンスは互いの企業に大きな力の差が存在するものには当てはまらず、お互い独立した関係の企業同士が対等に近い立場で業務提携などを行うものを指すといわれていますが、実際はさまざまな形態の協業や提携の関係に使われるため、この言葉だけでその提携の種類や資本関係を表現することはできません。

アライアンスの使用例

・サービスの品質を向上させるためにA社とアライアンスを組む

・最近では多くの企業が海外企業とのアライアンスに積極的に乗り出している

・B社とのアライアンスのメリットについてプレゼンする

・アライアンス先の拡大を進め、幅広いビジネス展開を図る

アライアンスに関する用語

M&A

M&Aは「Mergers and Acquisitions」の略で、合併と買収を意味します。複数の企業の合併や企業が他の企業を買収することを指します。アライアンスはあくまで独立した企業同士の提携や協業を表すので、M&Aと比較して資金と時間をそれほど要することなく進めることができます。また、思惑が外れた場合でも容易に解消ができるという点でM&Aとは異なります。

???になっている人に教えてあげてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる